So-net無料ブログ作成
検索選択

ネイティブっぽくなるための15の英語表現 [英会話(スピーキング)]

スポンサーリンク




日本にいても確かに英語を話す外国人と出会う機会はありますが、英語圏に住んで様々な人たちと話したり、街を歩いているとき、カフェでまったりしているときに聞こえてくるネイティブたちの声からしか得られない情報というものがあります。

それはネイティブがよく使うフレーズのパターンです。

確かに今は書籍やインターネットでいくらでもネイティブの使うフレーズに関する情報は得られます。

しかし、人間も言語も日々進化しています。ネイティブがよく使うフレーズも日々変わっています。今回はぼくがカナダで暮らしていて、毎日のように耳にする最新のフレーズをまとめました。

以下に並べたフレーズは基本的なものばかりですが、しっかりと身につけることができればネイティブのように話せる足がかりになるものばかりです。



1 . What's up?

誰かに会うときに発するフレーズとして、"How are you (doing)?"や"How's it going?"などたくさんありますが、特に若者の間で使われるのが"What's up?"です。またそれを早く言うと"sup?"になり、これもよく耳にします。ただしどちらもインフォーマルな表現なので仲の良い友達同士で使うようにしましょう。


2 . Excuse me

日本人が"Sorry."を頻繁に口にしてしまうのはよく聞く話ですが、ネイティブも実は"Sorry."と"Excuse me"の違いがあやふやだったりします。あえて違いを言うなら、人混みを通りたいとき、くしゃみをしたときなどは"Excuse me."を基本的に使い、何か悪いことをしてしまって自分から謝りたいときは"Sorry."を使います。


3 . Sorry?

言われたことがわからなくて、もう一度聞き返したいときに日本人は"Pardon?"をよく使います。しかし、ネイティブは"Sorry?"も同じくらい使います。"Sorry?"の方がよりフランクであり、街などで出会うネイティブにもこれで十分です。


4 . Sounds good!

"Sounds good!"とは相手が言ったことに賛成するときに使うフレーズです。例えば、友達と遊んでいて、"Why don't we go eat at an Italian restaurant?"「夜ご飯はイタリアンに食べに行こうよ」と言われたときに"Sounds good!"「いいね!」と返すことができます。このフレーズはとてもネイティブっぽい表現なので、ぜひぜひ使ってみてください。


5 . How come?

「どうして?」と相手に聞くときに"Why?"を使うことはみなさんも知っていると思いますが、もう少しくだけた言い回しで"How come?"というものがあります。ただし"How come?"の後にまだ言葉を続けたい場合、注意することがあります。それは"Why"のようにその後の主語と動詞が疑問文にはならず、そのままだということです。つまり、"How come you are so mean to me?”「どうして私にそんなに意地悪なの?」という意味になります。ちなみにここでの"mean"は形容詞で「意地の悪い」という意味です。


6 . I gotta go.

"I gotta go."は"I've got to go."の略で「もう行かなくては」という別れの挨拶によく使われます。ネイティブの友達とFacebookでチャットをしているとよく見かけます。このフレーズが便利なのはオンラインでチャットなどをしているとき、どこに行くのか理由を言う必要がないところです。"I gotta go now. Bye."「もう行くね。ばいばい」というふうにチャットを突然終えられます。


7. I feel like

「〜したい」と伝えたいときに日本人は"I wanna (want toの略)を非常によく使います。確かにネイティブもこの言い回しは好きですが、"I feel like"という表現も覚えておきましょう。意味は「〜したい気分」です。"I wanna skip class today."は"I feel like skipping class today."「今日は授業さぼりたいな」とほぼ同じ意味です。


8 . You know what?

自分の話に人の注意を向けたいときの表現としては"Look"などがありますが、ネイティブは"You know what?"の方をよく使うように思います。「あのさ」、「ねえねえ」という意味です。"You know"だけでも同じようなニュアンスになります。


9 . That's what I thought.

「やっぱりね」と自分が考えていたことが当たっていたときに使います。"I knew it!"とほぼ同じ意味なので両方覚えておくと便利です。またこの"what"を使いこなせるようになると表現の幅が格段に広がります。"That's what I want."であれば、「それ、私が欲しいものなんだ」になり"That's not what I meant."であれば、「そんなつもりで言ったんじゃないよ」という意味になります。他にも"what"を使うことでいろいろな言い回しができるようになるので早くマスターしておきたいところです。


10 . Awesome!

「すごい!」や「最高!」と言いたいときに、"That's good!"や"That's great!"などがまず思い浮かぶんじゃないでしょうか。もちろん、ネイティブもそれらのフレーズをよく使いますが、"Awesome!"は別格です。街を歩けばこの言葉が至る所で飛び交っています。先ほど説明した"Sounds good"と同じようなニュアンスでも使えるので、とても便利です。


11 . (Please) let me know

「教えてね」という意味です。"Please let me know if you have any questions."「もし何か質問があれば知らせてください」というふうに"know"の後にかなりの確率で"if"を伴います。"Let me know"の代わりに"Please tell me"を使うこともできますが、圧倒的に前者の方が好まれる傾向にあります。ニュアンスの違いとしては、後者の方が「できるだけ早く教えてください」というような切迫感があります。


12 . That's weird.

「それって変」と言いたいときに日本人は"That's strange."を思い浮かべる人が多いと思います。しかし、ネイティブはそれよりも"That's weird."を圧倒的に使用します。発音は「ザッツウィァード」です。"weird"はいろいろな場面で使われ、例えば、"You are werird"であれば、「君は変わっているよね」や"I had a weired dream last night."であれば、「昨日、変な夢を見たんだ」となります。また、"weirdo"で「変な人」と言う意味の可算名詞(数えられる名詞)になり、"He is such a weirdo."は「彼は変な奴だ」という意味です。


13 . Chill out

実は「落ち着く」と言う意味の表現は"Calm down."の他に"Chill out."というのがあって、これもよく耳にします。相手が興奮しているときなどに「落ち着きなよ」という意味で"Chill out."と使ったり、また"I'm just chilling out at Starbucks."というふうに「スターバックスでゆったりしているよ」という意味にもなります。他にも"hang out"と同じようなニュアンスで"Do you wanna chill out tomorrow?"「明日、ゆっくり話さない?」と言うこともできます。


14 . Suck at

英語を少しずつ話せるようになると友達も増えてきます。そうすると自分のことを知ってもらうために得意なことや得意でないことを教える機会も増えます。得意なことを説明するには"be good at"を使い、得意でないことを説明するにはそこに"not"を加えるということは知っている方も多いはずです。しかし、得意でないことを説明するのに"suck at"を使う日本人はほとんどいません。ネイティブは"be not good at"と同じくらいの頻度で"I suck at playing online games."「オンラインゲームは苦手なんだ」のように"suck at"を使います。インフォーマルではありますが、友達同士ならどんどん試してみてください。


15 . I wouldn't do that.

このフレーズを訳すと「私ならそうはしないだろう」という仮定の意味になります。正確には"I wouldn't do that if I were you."「もし私があなただったら、そうはしないだろう」なのですが、会話では"I wouldn't do that."の部分に"if I were you."の意味が含まれいる前提で話すので、わざわざ"if I were you."まで言う必要はありません。例えば、"I’ll give him my iPad for free."「彼に私のiPadをただであげるんだ」という話に対して、"I wouldn't do that."「私だったらただであげないな」といった感じになるわけです。




スポンサーリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。